ひとりのおとこの歩き方

ひとりのおとこの人生というものがたり。

第99回高校野球選手権大会開幕!

Gonです。

 

台風5号の襲来で開幕が一日延期となった夏の甲子園ですが、8日に無事開幕しました。

 

大会に関する情報は朝日新聞社のサイトで確認できます!

大会スケジュール、試合速報・結果、注目のカードや選手などなど。

各高校の戦績まで確認できるので、暇な時に色々と覗いてみると面白いですよ。

 

www.asahi.com

 

 

大会期間中は、テレビ朝日系列で放映される「熱闘甲子園」がおススメ!

私もですが、普段仕事をしていると甲子園の結果を全てチェックすることができません。そんな時は、各試合のハイライトを熱闘甲子園をチェックしましょう!

もはやテレビ界、夏の風物詩です。

 

www.asahi.co.jp

 

今の熱闘甲子園も好きですが、私は長嶋終身名誉監督の娘さん、長嶋三奈さんがキャスターを務めていた時代の熱闘甲子園がやっぱりしっくりきます!

 

 

最後に

今更ですが、予選で注目された早稲田実業の清宮選手、2回目の甲子園への切符を掴むことができませんでした。

 

私は、2015年夏、彼がまだ1年生だった頃、甲子園でその怪物ぶりを見ることができました。

3回戦東海大甲府との試合は、第一試合だったこともあり、朝6時の時点でチケット売り場に長蛇の列だったそうです。チケットを買うために並んでくれた後輩が教えてくれました。

 

・・・

 

これが清宮フィーバーかって思いました。

 

私は、電車の関係で到着が遅れてしまい、あの試合で清宮選手が甲子園で放った初ホームランを見逃しましたが…

 

その場にいたら興奮がすごかったと思います。

 

www.youtube.com

 

あと、私の中で甲子園の怪物と言えば、松坂選手です。

このメンタルの強さはスゴイ。

京都成章との決勝ノーヒットノーランは忘れることが出来ません!

www.youtube.com

 

 

夏の甲子園については以下の記事もご覧ください

rikei-around30.hatenablog.com

 

 

 

 

 

10年・20年先の食料は誰が作るのか

Gonです。

 

私の最寄駅から自宅までの道には、のどかな農地が広がっている。関西地区でも大きな都市の一つであるが、さすがに外れまで来ると田舎である。車が列をなして南北に流れる大きな幹線道路があるが、その脇で野菜や花が作られているのだ。

 

今日、そこを通ったのはちょうど午後15時くらいだった。晴天が広がる青空の下で、畑には人が大勢いて、まさに作業されているところだった。

 

続きを読む

葬儀で感じた違和感について考える

Gonです。

 

先日のことだった。

 

私には曾祖母がいたのだが、100歳も目前に迫った99歳でこの世を去った。

その通夜と告別式へ出席するために地元へ戻り、両親や妹、親戚たちと曾祖母との思い出を偲びながら旅立ちを見送った。

続きを読む

【高校野球】絶対楽しい!甲子園で高校野球を観戦する時の私なりの楽しみ方と注意点【永久保存版】

Gonです。 

 

f:id:rikei_around30:20160718225831j:plain

いよいよ今年もこの季節がやってくる。

私は夏の甲子園が大好きだ。この記事では、そんな甲子園好きな私が甲子園の魅力を思う存分に語りたいと思う。

 

今年の夏の甲子園は99回目で、100回の記念大会まで残すところ1回である。 

2017年8月7日に開幕し、8月21日まで高校野球の聖地、兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場で開催される予定である。

今年の大会のキャッチコピーは「じぶん史上、最高の夏」である。

 

続きを読む

【アウトドア】爽快!天然ウォータースライダーに、滝行、飛び込み!シャワークライミングを体験せよ!

Gonです。

 

お盆休みは、彼女を連れて実家へ帰ってみたりしました。

お盆も終わったし、21日の日曜日には夏の甲子園が終わりましたね。

そして、リオデジャネイロオリンピックも日本時間の22日午前8時から閉会式となります。

 

続きを読む

【健康】ぼくのからだの中の14mmのラグビーボールの話(後編)

f:id:rikei_around30:20160721224358j:plain

前回のエントリーの後編です。

前編はこちら。

rikei-around30.hatenablog.com

 

前編のあらすじ

新社会人になって初めての冬、ぼくは突然の腹痛に襲われました。

それだけでなく、背中の痛み、猛烈な吐き気にも耐えられませんでした。

最初の病院では「便秘」と診断され、疑わしく思ったぼくはセカンドオーピニオンへ。

そこでレントゲンに映った白い影に顔面蒼白…。

しかし、医師の診断は「尿路結石」ではないかということ。

ついに、突き止めた腹痛の原因。そして、人生で初めて泌尿器科を訪れることにしました。

後編のはじまりです。

 

はじめての泌尿器科

泌尿器にかかるのは恥ずかしい、と思ってたぼく…。

こればかりは本当にごめんなさい。

小学生が学校で大便したら恥ずかしいからとしないのと同じ理屈です。

 

泌尿器科は男性がメインです。女性専門の泌尿器もあるそうですが、ぼくは男性以外会ったことがありません。

 

セカンドオーピニオンの紹介状を渡し、初めの診察を受けます。

  • エコー検査(超音波検査
  • レントゲン検査
  • 血液検査
  • 尿検査

 

上記の検査を全部しました。以後、血液検査以外は毎回の診察時に受けました。

 

エコー検査で何が分かるのか?

f:id:rikei_around30:20160721232119j:plain

(出典:腎機能検査 | 血液検査で分かること - 町医者の家庭の医学

 

エコー検査では腎臓の状態が分かります。専門的なことは言えませんが、図のように腎臓と膀胱は尿管と言う管でつながっています。

ぼくの場合、左に白い影=結石があったので、尿路の障害になります。流れにくくなった尿によって腎臓が圧迫されて腫れることがあります。エコー検査では、腎臓の腫れが確認できます。

 

合併症として考えられるのは水腎症です。ぼくの場合、腫れは酷くはなかったですが、右と比べて左は腫れているのが分かりました。

health.goo.ne.jp

 

 水腎炎は恐ろしい…

 

レントゲン検査で見つかった14mmのラグビーボール

 改めて泌尿器でレントゲンを撮影し、画像解析をしてもらいました。

ここで診断が確定します。

  • 大きさ:14mm(1.4cm)×5mm(0.5cm)

何と14mmの結石がぼくのからだの中にあることが確認されました。

まさに形状は楕円形をしたラグビーボール!!

どうやら結石がすぐ近くを通る神経を圧迫して激痛をもたらしていたようです。

 

ちなみに、尿路結石(尿管結石)の痛みは3大激痛にカウントされます。

痛みを伴う病気にはいろいろありますが、胆石、すい炎、結石(尿管結石)の痛みは、「3大激痛」といわれます。
なかでも結石は昔から、「七転八倒の苦しみ」とか「想像できない痛み」と表現されるほどです。突然の激痛に、あわてて救急車を呼ぶことも少なくありません。

(出典:結石はどうしてできるの? | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

 

これは納得です。本当にこの通りでした。

救急車を呼ぶことにはかなりの抵抗がありましたが、呼ぶ人もいるようですね。

女性の出産時の痛みに似ているとも聞いたことがありますが、男である私は残念ながらこれは確認することができません。

oshiete.goo.ne.jp

 

治療について 

治療については、後日別の記事に書こうと思います。

とにかくぼくは、この結石治療に丸一年かかりました。担当してくれた医師に振り回されたところは拭えないですが、結局手術を選択しました。

残念ながら薬で石を溶かすことはできません。

 

<ぼくの結石治療 ―3ステップ―>

  1. 尿量を上げて、尿管の狭まりを薬でおさえて自然排出
  2. 体外衝撃波で結石を小さく砕いて自然排出
  3. 内視鏡を使って綺麗さっぱり砕いて除去

 

上記の3ステップで行いました。途中、転職で勤務地が変わったので、担当の医師も変わりました。

そもそも結石っていうのは、わかりやすい病気です。からだの中にモノがあるわけで、自然排出の場合、出るところは一つなわけです。排出のしやすさは当然大きさと相関します。

自然排出可能なサイズはせいぜい5mm程度と聞いたことがあります。ぼくのラグビーボールちゃんは14mmですから!当然排出には個人差もありますし、手術となると身体的な負担や経済的な負担もかかってきます。

 

以下は汚い話になりますが、ここは医学的な話として聞いてください。←重要です。

結局、石が尿管は無事に通り抜けて膀胱に行き着いても、ほらその先には尿道がありますよね。また、細い管です。そこでもし尿道を石が閉塞してしまったら…激痛じゃ済まないし、即手術です。

 

ぼくの家系は祖父が胆石、父も尿路結石をやっていますから、ぼくはまさに結石界のサラブレッドだったのです。

手術後も2度、結石に似た痛みを経験しています。

もしかすると…今もぼくのからだの中には結石ができているのかも?

 

尿路結石の原因は?

オムロンが詳しくまとめていますので、こちらを参考になさってください。

www.healthcare.omron.co.jp

 

上記サイトによれば、結石の約80%はシュウ酸カルシウム、リン酸カルシウムなどのカルシウム結石ということです。そのほかリン酸マグネシウムアンモニウム結石や尿酸結石などもあるようです。

 

結石というのは化学反応であることが分かります。

私たちが肉類などを多く食べると、シュウ酸や尿酸などの物質が体内に増えます。このうちのシュウ酸には、カルシウムと結合しやすい性質があります。シュウ酸は腸のなかでカルシウムと結びつくと、便と一緒にからだの外に排泄されます。
ところがシュウ酸の量が多いと、あまった分は尿のなかに出てきます。尿のなかでシュウ酸がカルシウムと結合すると、石のようなかたまりとなって排泄されにくくなり、腎臓に障害を及ぼしたり、尿管を詰まらせることになるのです。

つまり、多くの原因はシュウ酸の過剰摂取!カルシウム不足!

カルシウムを積極的にとることが必要だとされています。それは腸内でシュウ酸と結びつくカルシウムを増やすことで、便として排泄しやすくするためです。

一種の生活習慣病でしょうか。

 

私が結石になった理由

ぼくの場合、食生活や運動習慣もあるのかもしれませんが、もう一つ自覚があります。

それは水分をとらなかったことです。

就職する前は大学院に通っており、一人暮らしをしていました。自宅ではほとんど水を飲まなかったような気がします。学校でもお昼休みに食堂へ行った時に飲むか、あとは売店で飲料を買ったときや、飲み会でのビールでしょう。

ビールはだめですよ!利尿作用はありますが、シュウ酸を含みます!

結石になった話を会社でしたら、「ビールが足りてないんじゃない?飲みに行くか!」とよく言われましたが…

コーヒーや紅茶にもシュウ酸が含まれるので注意です。

 

まずは水を多くとること!

水を多くとることが結石予防につながると思います!

また水分不足になると、尿の濃度が高まり、結石を起こしやすくなります。小さな結石なら尿と一緒に排泄されることも多いので、水分を多めにとることも予防につながります。

結石は主にはシュウ酸とカルシウムの化学反応なので反応効率を下げることが予防になります。

尿量を増やすことで、それぞれの濃度が下がり、シュウ酸とカルシウムが出会う前に尿として排泄したら結石は作られません!

 

食生活を気にする

肉などにシュウ酸が多く含まれることをお伝えしました。

野菜を摂ればいいんでしょ?と思いますよね。

野菜のなかでもホウレンソウはシュウ酸を多く含みます!結石になりたくない人(本当に痛いからね)は茹でてお浸しにしましょう。シュウ酸が逃げていきます。

あとは、ビタミンC。これも体内で代謝されてシュウ酸に変わります。

 

食生活以外にも適度な運動も大切です!

 

後編のまとめ

結石の痛みは一度味わえば、もう味わいたくないと思うものです。激痛ですから。

結石界のサラブレッドでもあるぼくは、前述したとおりでその後も結石の痛みに似た痛みを経験し、休日夜間に駆け込むことを繰り返しています。

できやすい体質でもあると思います。残りの人生でもまた結石と向き合う時がくるのかもしれません。

そうならないように今は気を付けています。

ぼくのからだの中のラグビーボールは水分の摂取量、食生活の内容、運動習慣を改めるように教えてくれたのかもしれません。

 

www.pasonica.com

芸能人でも雨上がり決死隊の蛍原さんの結石の話は有名です。手術から二年後に再発して、自然排出されたとか。持病になってますね。

 

サカナくんにいたっては、魚の食べすぎが原因で結石で入院してました。

www.news-postseven.com

【健康】ぼくのからだの中の14mmのラグビーボールの話(前編)

f:id:rikei_around30:20160721224358j:plain

こんばんは。

今週は月曜日が海の日でお休みだったので、一週間がとても早く感じます。

 

タイトルにもあるように、14mmのラグビーボールの話をしたいと思います。

 

 

今から4年前、25歳の冬のできことです。

社会人になって初めて勤めた会社で普段と変わらずある商品の開発業務に追われていました。午前も終わりに差し掛かり、もうすぐお昼休みになろうとしている時間です。

 

それは突然、ぼくを襲いました。

これまでの人生で体験したことのない痛みの腹痛が襲ってきました。まさに、激痛。

ぼくはその痛みに耐えられず、いきなり白旗を上司に向かって掲げました。

 

当時の会社は、都市から少し離れた田舎の工業地帯にあり、近くに総合病院のような大きな病院はありませんでした。市内で一番大きな病院へ行きました。

 

病院に着くころには傷みも少し和らぎます。しかし、腹痛には波があります。これが腹痛の怖さでもあります。腹痛は、からだに異常があることを教えてくれるシグナルです。

 

丁度、4年前、2012年の冬と言えば、新型ノロウイルスの大流行。

matome.naver.jp

 

病院の待合室にはノロウイルスの患者が2、3人おりました。

ぼくの頭の中にも「ひょっとして…ノロなんじゃないかって?」。

 

さて、診察の順番を待っていると、また激痛がぼくを襲います。

今度は背中まで痛くなるほど。ビッグウェーブがやってきました。

普通に座ることすらできず、身体を前にずらし、だらっとさせて、くねくねとよじりながら名前が呼ばれるのを待ちました。

こどもに見られたら恥ずかしい姿です。でも、それが最も楽な姿勢でした。

 

最初にかかった病院での診断

最初行った病院で診察を受けました。結果は、消化器系の不調から便秘が疑われました。

予想外の便秘に…確かに、便通は良くはなかったが…

その時にもらった薬がこちら

「ヨシダ」

初めて見ました。処方箋を見た時、ギャグかと思ったくらいです(失礼)。

 

www.qlife.jp

 

診察が終わって、近くの調剤薬局まで車を走らせ、薬を貰うまでの時間が一番のピークでした。背中の痛み以外にも吐き気もするようになり、このまま死んでしまうのではないか?と思ったくらいです。

薬局で薬を受け取り、その直後、その場で水を貰って薬を飲みました。こんなことはもちろん初めてです。

 

翌日になっても痛みは治まらず、相変わらずの痛みに襲われます。

それでも、その次の日には不思議と痛みは治まり、仕事ができるくらいまでになりましたが、ぼくは最初の病院で受けた診断結果に納得できず、都市の大きな総合病院に行くことにしました。

そうです、セカンドオーピニオンです。

 

セカンドオーピニオンの重要性

さすがに都市の大きな病院は患者であふれていました。アポなし、紹介なしで乗り込んだぼくは相当待たされました。ぼくがかかったのは消火器内科という専門内科です。

 

診察してくれた先生はお年を召された女医さんでした。

腹痛の症状、背中の痛み、吐き気、それからファーストオーピニオンのことを一通り話すと、「レントゲン」に案内されました。

 

そういえば、最初に行った病院ではレントゲンすら撮らなかった…。

まるでNHKの人気番組「ドクターG」のようだ!

www4.nhk.or.jp

 

ドクターGどころか、レントゲンを撮ったら一発で腹痛の正体が分かりました。

 

f:id:rikei_around30:20160721221632p:plain

左の下腹部にまさかの白い影が!

 

これを見た瞬間、ぞっとしたことを覚えています。人生終わったなと思いました。

 

さて、このレントゲン写真を見たおばあちゃん医(失礼)の口が開きます。

 

「言ってくれ、悪性な腫瘍なんだろ…」

 

「尿管結石じゃないか、泌尿器科にかかりなさい」

 

おばあちゃん医はさらに続けます。

 

「でも、便秘もありそうだから、浣腸やって帰るかね?」

 

その後、ぼくはベッドの上で若い看護師さんにお尻を突出し、初めての浣腸を体験するのでありました。

いや、浣腸って!事実です。

なまあたたかい浣腸液が身体にしみわたります。25歳での遅咲きの浣腸初体験です。

 

ついに突き止めた腹痛の原因!

おばあちゃん医の診察によって浮かび上がった「尿管結石(尿路結石)」という病名。

 

すぐにぼくは泌尿器科のクリニックにかかりました。

ちなみに、泌尿器科にかかったのは人生で初めてのことでした。

それまでの人生、泌尿器科には絶対に縁がないと思っていたほどでした。

小さい頃は、泌尿器科の看板を見かけると、鼻で笑っていました。

本当にごめんなさい。

 

泌尿器科って実態を知らないだけで身体にとって大切ななくてはならない診療科だったのです。高齢化によって患者数も増えています。

 

泌尿器科が対象とする患者さんは男女を問わず小児から老人までおよび、その疾患治療内容も先天奇形、代謝・内分泌疾患、結石、腫瘍、排尿障害、神経因性膀胱、男性不妊、勃起障害、婦人泌尿器科、腎血管外科、腎移植などきわめて広い領域にわたっています。
代表的な疾患名は、腎・尿管結石や尿路感染症、前立腺肥大症、尿失禁、神経因性膀胱や尿路悪性腫瘍などです。

(出典:【泌尿器科のご紹介】 独立行政法人 労働者健康安全機構 香川労災病院

 

前編のまとめ

さあ、前編はここまでです。

突然ぼくを襲った腹痛からその原因を突き止めるまでのプロセスを書いてみました。

 

後編も、お楽しみに。