ひとりのおとこの歩き方

ひとりのおとこの人生というものがたり。

人生

葬儀で感じた違和感について考える

Gonです。 先日のことだった。 私には曾祖母がいたのだが、100歳も目前に迫った99歳でこの世を去った。 その通夜と告別式へ出席するために地元へ戻り、両親や妹、親戚たちと曾祖母との思い出を偲びながら旅立ちを見送った。